ミリタリーショップWAIPER本店 軍服 米軍放出品 ミリタリーファッション通販

 カートをみる マイページへログイン  お気に入りリスト ご利用案内・お問い合せ サイトマップ お客様の声



ミリタリーショップWAIPER送料
ミリタリーショップWAIPER メインセール




軍服、軍放出品カテゴリ案内バナー

春夏ミリタリーファッションはライトに着こなす

ライトに着こなす春夏ミリタリーファッション

ライトに着こなす春夏ミリタリーファッション

「春夏は、重くなりすぎないミリタリーファッションでおしゃれを楽しみたい……」そんな要求に応えるための着こなし術が、実はたくさんあります。男も、女も、ミリタリーをほんの少し意識してみる感じが、おすすめのスタイルです。今回は、重すぎずライトなミリタリーファッションの、着こなし術を見ていきましょう。

ミリタリーカラーはさらりと使う

ミリタリーカラーは、あまり主張しすぎないイメージで採り入れると、こなれた雰囲気になります。帽子やリュック、シューズをカーキにするなど、小物から攻めてみるのも一つの方法でしょう。

ジャケットやコート、シャツなど、やや目立つアイテムをミリタリーにしたときは、合わせるほかのアイテムをソフトな色にしてみます。グレーやホワイト、薄いブルーなどがすんなりと馴染むでしょう。カーキのジャケットを羽織ったら、中をちょっとパステルが入ったチェックシャツやロングTシャツ、スウェットシャツにするとアクセントになって、今っぽいミリタリーファッションに仕上がります。女性なら、ビビッドなピンクにカーキといった組み合わせも意外と合うでしょう。

同じカーキでも緑が強いものもあれば、淡いサンドカラーなど色々あるので、ほかのアイテムの色と合わせて選んでみてください。迷彩色・カモフラなら青やモノトーンまで、さらに違う色が各種あります。ミリタリーでありながらほかの人とは違った雰囲気を作りたいときは、明度の高いライトな迷彩を選ぶと個性が出せるでしょう。

上級者なら、逆にワントーンでキメる手もあります。その場合も、カーキ一色に染めるよりは、カーキ×黒などでまとめるとしっくりくるはずです。あるいは、ミリタリーアイテムもカーキ以外の色にして、ワントーンコーデするとソフトに着こなせます。

ミリタリーアイテムはプラスワンで採用

ミリタリーアイテムも、やや意外性を持たせて採り入れるのがコツです。全身をハードなイメージにするのではなく、普段から着ているファッションにジャケットのみ、パンツのみなど何かプラスワンするつもりで組み合わせてみましょう。こちらもシューズやバッグなど、小物をミリタリーものにする方法もあります。

ミリタリーと相性が良いのは、アメカジやアウトドアなスタイルです。清潔感のあるスウェットのセットアップにパステルなスニーカーと帽子、リュックを背負ってアウターはMA-1、といった組み合わせなら、全体が重くなりすぎずリラックス感が出るはずです。

あるいは、かっちり目のレギュラーシャツを、エポーレット付きのミリタリーシャツに変える、テーラードジャケットを着てボトムスをミリタリーパンツにして着崩す、ジャケットをミリタリーでありながらオリジナルと色を変える、もしくは変わり素材にする、といったスタイルも面白いでしょう。カジュアルになりすぎないキレイ目な格好に、ミリタリーアイテムを加えるのは最近の鉄板スタイルです。

女性の場合も、白のレギュラーシャツやブラウスに、迷彩のタイトなミニスカートを合わせるだけでセクシーになります。また、最近の流行りは、フェミニンな格好にMA-1を羽織るようなコーディネートです。彼の服を借りてきたような“彼カジ”コーデなら、簡単に今っぽいミリタリーファッションが作れておすすめです。

重くなりすぎないミリタリーファッションを目指そう

ミリタリーは、デニムやブラックアイテムとコーデするのが王道ですが、キレイ目のシャツやパンツとも組み合わせてみると、新鮮な発見があります。ソフトに、ライトに、キレイ目に、を目指してみてください。
女性であれば可愛らしいワンピースに合わせて、いわゆる“甘辛ミックス”でまとめることもできます。昔ながらの定番ミリタリーアイテムも、今っぽくアレンジされたミリタリー風の服も、さまざまなものを積極的に活用してみましょう。きっと着こなしの幅が広がっていきます。

すでに、きっちりと皆さんのクローゼットに入り込んでいるであろうミリタリーを、上手に楽しんでみてください。

豆知識

ページトップへ